<お礼とご報告>
ご協力者各位、関係者各位
残暑が厳しい2018年の夏。
皆様、お元気でお過ごしでしょうか。


さて、先日のHOPE AND LOVE 主催のチャリティイベントにおきましては
ご協力とご尽力を頂きまして、ありがとうございました。
HOPE AND LOVE DAY in TOKYOは東北大震災の翌年の2012年より開催してまいりましたが、
7回目の今回も皆様のお陰で8月4、5日の2日間、1500人を上回るご来場者を迎えて
大盛況のうちに無事に終了することができました。
今回は、開催の準備中におきました西日本豪雨の甚大なる被害を目の当たりにし、
急遽支援先に追加いたしました。
そして、今年は3×3 Lab Future様のご厚意により会場をご提供頂き、
大勢のお客様、スタッフの笑顔に溢れた2日間でした。
イベント後の決済等があり、最終経費の清算に大変時間がかかってしまい、ご報告が遅くなってしまいましたが、
今回の集計金額をご報告させていただきます。
先日(8月27日付)、支援先への送金手続きも完了いたしました。
ご協力頂きました関係者の皆様、本当に心から心から感謝申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
売り上げ総額:9,816,812円
経費: 1,716,911円 (内訳 : 印刷代、機材、備品レンタルと購入費、ゴミ回収費、送料など)
最終売上金額合計:8,099,901円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
♦︎ Blue for Japan :1,000,000円
http://blueforjapan.com
BLUE FOR JAPANは、東日本大震災の被害に遭った方々を支援するためにBLUE FOR TOHOKUとして設立され、2012年からは児童養護施設の子どもたちへの支援を行っています。現在 は「BLUE FOR JAPAN」と改名し、継続して活動の幅を全国に広げています。
ーーーーーーーーーー
♦︎ Orto dei Sogni :1,500,000円
http://ortodeisogni.org/ja/
2012年夏よりスタートしたオルト・デイ・ソーニは、被災地・福島の子どもたちの健康とグローバルな成長を目的とした夏季1カ月間にわたる転地保養プログラムを実施しています。
ーーーーーーーーーー
♦︎ 熊本子育てサポーターズ :1,000,000円
https://www.facebook.com/kumamoto.ksa/
震災以来、熊本にボランティア活動のため通い続けていらっしゃるキャンドル・ジュンさんの御紹介です。仮設住宅に住む子ども達のケアを目的とし、地元の大学生たちとも連携して支 援を行っています。まだまだ仮設住宅生活は続きそうだとのことで、直接必要な物資を届けたり、借り上げ住宅で支援を受けていない家族への支援なども地域に密着しながら活動されています。
ーーーーーーーーーー
♦︎ ロハス南阿蘇たすけあい: 2,000,000円
https://rohasuminamiasotasukeai.jimdo.com
https://www.facebook.com/ロハス南阿蘇たすけあい
昨年の支援先のこどもキッチン・ブルービー 様が今、もっと支援を必要としている場所があると辞退され、ご推薦いただきました。
熊本の震災後から支援活動を始動し、6月の大阪の震災、7月の西日本豪雨の復旧活動にも
迅速なる対応で多大なる活動を行っています。
主に、重機を使用した活動をされてます。
今回の支援金では、重機を購入し、今後も各地の復旧活動に活かして頂きます。
ーーーーーーーーーー
♦︎ 安芸陸前高田夢応援団:1,000,000円
https://www.facebook.com/groups/yumeoendan/about/
Hope and Loveメンバーが東北大震災の炊き出し中に陸前高田で出会った広島・安芸高田の支援グループ。
今回は、被災した外国人の支援活動に敏速に対応されました。
今回の寄付金では小回りのきく重機を購入し、被災地各所にも届けて頂きます。
ーーーーーーーーーー
♦︎ 一般社団法人RQ災害教育センター:500,000円
https://www.facebook.com/RQDisasterEducationCenter/
熊本震災直後、Hope and Love やその他の方々からの支援物資を
いち早く熊本へ届ける活動を連携して行いました。
今回の寄付金は、被害が大きかった益城町東無田集落のサークル絆の手仕事をされてる
女性達の支援を目的としており、サポートされているRQ災害教育センターに託します。
ーーーーーーーーーー
*尚、差し引いた支援金は団体でプールさせていただき、
今後の活動や緊急な支援のために使わせていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多くの被災地では、復旧、復興までにまだまだ多くの支援が必要です。
HOPE AND LOVEは、これからも自分たちに出来ることを
出来る範囲で続けていく所存です。
顔が見える支援を、必要な場所に必要な支援をすることを大切にしたいと思っております。
どうか今後共、皆様のお力添えのほど、どうぞよろしくお願いいたします。 
   HOPE AND LOVE 日本支部代表 寺本りえ子
   HOPE AND LOVE パリ/ 日本   大塚博美 
   HOPE AND LOVE パリ代表 石坂紀子 
                運営スタッフ一同